Menu

不動産売却後の確定申告

18年01月22日

マンションやアパート、土地などを売却した場合確定申告の手続きが必要になります。不動産売却が完了したら終わりではなくて、いくら税金があるのかをしっかり把握してから確定申告の手続きをするようにしましょう。

サラリーマンであれば会社が全ての手続きをしてくれるので、年末に行われる年末調整をするだけで良いのですが、自分で不動産売却をした場合は自分自身で手続きをして確定申告の手続きを必ず行う必要があります。不動産売却で得た収入は立派な所得になりますので、譲渡所得に分類されるので、税額をしっかり計算してから年度末に確定申告をする必要があります。

税務署不動産の場合は登記情報が税務署に必ず届く仕組みになっているので、申告をしないと必ずバレてしまいますので、通知が来てしまうと脱税していると思われてしまいますので、そうならないためにも、しっかり確定申告の手続きをしてから納税をする手続きをしなければいけません。

このように不動産を売却したらそれで終わりではなくて、売却した後にも様々な手続きがあるということをしっかり理解してから確定申告の手続きをするようにしましょう。納税をしないのは脱税になるので注意しなければいけません。

マンション売却には、マンション一括査定サイトの利用

現在住んでいるマンションが手狭になってしまったので、もっと広いところへの買い替えを検討しています。そこで、今のマンションを売却することになったのですが、どうせ売却するなら出来るだけ高い価格で売却したいと考えています。

高値でマンションを売却するためのポイントとして、査定してもらう時期が重要になることや、1カ所の不動産業者だけでなく、複数のところに査定を依頼するという点が挙げられるということを聞いています。時期に関しては、いますぐという訳ではないので、中古マンションの需要が高くなる時期に合わせて計画を進めて行きたいと考えています。

また、複数の不動産業者に査定を依頼すると言っても、1カ所ずつ個別に依頼をするのは仕事を持っている私達にとっては大変です。そこで、インターネットのマンション一括査定サイトを利用すると、家にいながら必要事項を入力するだけで複数の不動産業者から見積もりを出してもらえるので、ぜひ利用したいと思っています

高級マンションは売却するときには有利になることも

高級マンションは購入しますと、万が一売却をするようなことがあったとしてもいい額で売却することができます。一般のマンションは値下がりが激しくなりますが、高級なところは共有設備が豪華であったりきちんと管理されているなどの付加価値が高いのです。

ですので値下がりが大きくならずに済むのです。また高級なところほど実は中古の需要が高いので、その分高く売りやすいというのもあります。また転勤などになったときには自分のマンションを賃貸マンションとして貸し出すこともできます。高級なところを買うことができず、しかし暮らしたいという方にはかなり好評なのです。都心などの場合でしたらどれだけ家賃が高くても借りてくれる人が必ずいます。

ですので最初からマンションを投資のために利用することもできるのです。家賃でローンを全て回収した後には売却をして儲けるのも方法です。暮らしても価値がありますが、売却しても価値があるのがいいところかも知れません。

未分類

不動産売却後に発生する税金

18年01月10日

不動産を売却したらそれで終わりではなくて、その後も様々な作業がありますので、安心してそのままにしないで売却後の庶務も忘れないようにしましょう。売却後に覚えていかないといけない手続きが税金になります。

女の子不動産取引には様々な税金が発生します。実際にどのような税金があるかというと譲渡所得税という税金があります。この税金を支払うために手続きをすることになります。この譲渡所得税とはどのような税金なのかというと、不動産を売却したときに得られた譲渡所得にかかる税金のことを譲渡所得税と言います。

譲渡所得税は収入金額から様々な費用を差し引いて計算される税金になります。この税金に特別控除が有る場合は支払う税金から控除をして税金を支払うことになります。不動産売却をした後にこの税金を支払わないと脱税になってしまいます。

不動産売却に対して素人の考えの人が、売却後に税金を支払わなかったために脱税で逮捕されてしまったケースもありますので、税金のことなんか知らないし関係ないし支払いたくないと思わないで、日本に住んでいるのであれば税金を支払うのは国民の義務ですから、脱税しないでしっかり庶務を行って手続きをして納税するようにしてください。

土地所有不動産を売却し税金分を減らす

土地不動産を所有し辺り一面全部何もない野原だった時代に税金を支払ってから何十年と続けています。人の出入りの多い場所にある土地は、駐車場にしたり店を貸したりと土地を活用しています

しかし、更地のまま何年も何十年も放置している土地には、毎年税金を支払うだけで収入分がないのです。不動産を持っていることで良いこともあり、中々売却することに踏み切れない自分の性格もあります。でも、40年以上経過した時に不動産を売却する気持ちに変化が起きたのです。毎年支払う税金は、何万円ではあるけれど積もっていくと百万円以上になっています。年齢的にも、もう働くことはなく今持っている収入ある不動産だけが残れば十分になります。

そして、使用しない土地は必要だと思っている人に売却し、家やマンション建設に使われたらいいのだと考えたのです。自分が持ち続けた土地を手放さないでいたい気持ちは誰にでもありますが、税金を支払うことを考えたら手放したほうが良いと判断するのです。

不動産を売却するときの税金や特例を知って有利に行う

動産を売却するときには気をつけるべきことがあります。それはその物件の所有期間です。住宅などを売却するときには所得税がかかります。その所得税は住宅を所有していた期間に応じて税額が変わってくるのです。ですから住んでいた期間のちょっとの差で大きな税金の支払額の差ができてしまうのです。

その所有期間は5年以上か、5年以下かで変わってきます。所有期間が5年を超える場合には所得税と住民税を合わせても26%ですが居住期間が5年に満たない場合には52%もの税率が適用されるのです。でも、不動産の売却には特例もあります。マイホームというのは利益を得るために売るというよりも、次の住宅を取得するための資金としてであるという考え方があるからです。それが3000万円の特別控除です。この3000万円の控除特例は所有期間に関係なく適用されるので譲渡益が3000万円までは譲渡所得税が発生しないのです。このような知識を持てばより有利に不動産を売却することができるのです。

未分類

不動産売却で失敗しないために

18年01月09日

家不動産売却と聞くと多くの人がどのように売却すれば良いか分からない人が圧倒的に多いのではないでしょうか?実際に誰もが安心して不動産を売却したいと思っていますから、どのようにして不動産を売却すれば良いのか悩んでいる人が圧倒的に多いです。

多くの人は不動産を買うことに対して興味があったり、勉強をしたりしますが、不動産投資などで利益を出している人でもないと、どのようにして不動産の売却をすれば良いのか分からない人も多いのが現状です。

まずは今の自分がどのくらいの段階にいるのかをしっかり見極めることがとっても重要になります。不動産売却に関しての知識がどれくらい知っているのか、その段階をしっかり分析することで、どのように勉強していけば良いのか、どの部分は専門家に依頼すれば良いのかをしっかり見極めることができるようになります。

知識がなければ不動産を売却しても絶対に自分が納得できる金額で売却することが難しくなる場合もありますので、そうならないためにもしっかり不動産をどのように売却すれば、どれくらいの売却額になるのかをしっかり知識を得ていく必要があることを認識してください。

不動産売却は決して簡単なものではありません。失敗したらマイナスになってしまう可能性も十分あります。自分が失敗しないためにもどのように売却に関する知識をしっかり得ていかなければいけないかをしっかり理解していくことがとっても重要なことになります。例えば、オンラインで不動産売却を一括で査定できるサイトもあります。最低6社など価格を比較してもらえるところもありますので、そのような所も検討してみてはいかがでしょうか。

不動産の売却のしくみやその方法

自分の所有する不動産を売りたいと思っても、方法がわからないことが最初に思うことです。私の場合もそうで売却したかったのですが、方法かわからないということでした。

それで不動産の仲介業者に連絡を取り色々と尋ねたわけです。売却する場合はその不動産会社に買い取ってもらう場合と仲介してもらう場合があるそうで、買取はその物件を不動産会社が買い取り、それに利益を載せて転売するので安くなるということです。仲介の手数料は価格の3%と6万円と消費税です

価格をどのくらいにするかは不動産会社の査定で決まりますが、路線価格などはほとんど考慮されず、そのあたりのほかの似たような物件の価格を参考にしてこのくらいで売れるという価格にするそうで、それで売れない時は相談して下げていくとのことです。当然ですが買い手が多ければ高くなり少なければ安くなるので、いなければ買い手がつくまで価格を下げながら待つということになるのだということです。

不動産の売却はなるべく余裕をもって行おう

不動産は大きな価値のある資産なので、慎重に取り扱う必要があります。特に、売買においては権利関係が移動するので、確実に行うべきです。

しかし、購入時と異なり、売却についてはまず買い手を探さなくてはいけません。売買を成立させる為には、売り手と買い手の両方が合意する必要があるのです。不動産は大きな買い物になるので、その買い手を探すのは時間がかかります。基本的には、不動産業者に買い手を探してもらうことになります。仲介をしてもらって、独自のネットワークで買い手を探してもらうのです。

ただし、仲介の契約には種類がいくつかあるので、よく考えて選択するべきです。安易に選んでしまうと、買い手が見つからないなどの事態もあり得ます。それでも見つからない場合は、不動産業者に直接買取ってもらいます。事情があって早期に売却したい場合は、この手段を選択するしかありません。しかし、比較的低めの金額になってしまうので注意しましょう。

つまり、できるだけ余裕をもって売却をするべきなのです。時間があるほど、より高く買取ってくれる買い手を探せるようになります。

未分類