Menu

不動産売却後の確定申告

0 Comment

マンションやアパート、土地などを売却した場合確定申告の手続きが必要になります。不動産売却が完了したら終わりではなくて、いくら税金があるのかをしっかり把握してから確定申告の手続きをするようにしましょう。

サラリーマンであれば会社が全ての手続きをしてくれるので、年末に行われる年末調整をするだけで良いのですが、自分で不動産売却をした場合は自分自身で手続きをして確定申告の手続きを必ず行う必要があります。不動産売却で得た収入は立派な所得になりますので、譲渡所得に分類されるので、税額をしっかり計算してから年度末に確定申告をする必要があります。

税務署不動産の場合は登記情報が税務署に必ず届く仕組みになっているので、申告をしないと必ずバレてしまいますので、通知が来てしまうと脱税していると思われてしまいますので、そうならないためにも、しっかり確定申告の手続きをしてから納税をする手続きをしなければいけません。

このように不動産を売却したらそれで終わりではなくて、売却した後にも様々な手続きがあるということをしっかり理解してから確定申告の手続きをするようにしましょう。納税をしないのは脱税になるので注意しなければいけません。

マンション売却には、マンション一括査定サイトの利用

現在住んでいるマンションが手狭になってしまったので、もっと広いところへの買い替えを検討しています。そこで、今のマンションを売却することになったのですが、どうせ売却するなら出来るだけ高い価格で売却したいと考えています。

高値でマンションを売却するためのポイントとして、査定してもらう時期が重要になることや、1カ所の不動産業者だけでなく、複数のところに査定を依頼するという点が挙げられるということを聞いています。時期に関しては、いますぐという訳ではないので、中古マンションの需要が高くなる時期に合わせて計画を進めて行きたいと考えています。

また、複数の不動産業者に査定を依頼すると言っても、1カ所ずつ個別に依頼をするのは仕事を持っている私達にとっては大変です。そこで、インターネットのマンション一括査定サイトを利用すると、家にいながら必要事項を入力するだけで複数の不動産業者から見積もりを出してもらえるので、ぜひ利用したいと思っています

高級マンションは売却するときには有利になることも

高級マンションは購入しますと、万が一売却をするようなことがあったとしてもいい額で売却することができます。一般のマンションは値下がりが激しくなりますが、高級なところは共有設備が豪華であったりきちんと管理されているなどの付加価値が高いのです。

ですので値下がりが大きくならずに済むのです。また高級なところほど実は中古の需要が高いので、その分高く売りやすいというのもあります。また転勤などになったときには自分のマンションを賃貸マンションとして貸し出すこともできます。高級なところを買うことができず、しかし暮らしたいという方にはかなり好評なのです。都心などの場合でしたらどれだけ家賃が高くても借りてくれる人が必ずいます。

ですので最初からマンションを投資のために利用することもできるのです。家賃でローンを全て回収した後には売却をして儲けるのも方法です。暮らしても価値がありますが、売却しても価値があるのがいいところかも知れません。