Menu

不動産売却後の確定申告

0 Comment

マンションやアパート、土地などを売却した場合確定申告の手続きが必要になります。不動産売却が完了したら終わりではなくて、いくら税金があるのかをしっかり把握してから確定申告の手続きをするようにしましょう。

サラリーマンであれば会社が全ての手続きをしてくれるので、年末に行われる年末調整をするだけで良いのですが、自分で不動産売却をした場合は自分自身で手続きをして確定申告の手続きを必ず行う必要があります。不動産売却で得た収入は立派な所得になりますので、譲渡所得に分類されるので、税額をしっかり計算してから年度末に確定申告をする必要があります。

税務署不動産の場合は登記情報が税務署に必ず届く仕組みになっているので、申告をしないと必ずバレてしまいますので、通知が来てしまうと脱税していると思われてしまいますので、そうならないためにも、しっかり確定申告の手続きをしてから納税をする手続きをしなければいけません。

このように不動産を売却したらそれで終わりではなくて、売却した後にも様々な手続きがあるということをしっかり理解してから確定申告の手続きをするようにしましょう。納税をしないのは脱税になるので注意しなければいけません。