Menu

不動産売却後に発生する税金

0 Comment

不動産を売却したらそれで終わりではなくて、その後も様々な作業がありますので、安心してそのままにしないで売却後の庶務も忘れないようにしましょう。売却後に覚えていかないといけない手続きが税金になります。

女の子不動産取引には様々な税金が発生します。実際にどのような税金があるかというと譲渡所得税という税金があります。この税金を支払うために手続きをすることになります。この譲渡所得税とはどのような税金なのかというと、不動産を売却したときに得られた譲渡所得にかかる税金のことを譲渡所得税と言います。

譲渡所得税は収入金額から様々な費用を差し引いて計算される税金になります。この税金に特別控除が有る場合は支払う税金から控除をして税金を支払うことになります。不動産売却をした後にこの税金を支払わないと脱税になってしまいます。

不動産売却に対して素人の考えの人が、売却後に税金を支払わなかったために脱税で逮捕されてしまったケースもありますので、税金のことなんか知らないし関係ないし支払いたくないと思わないで、日本に住んでいるのであれば税金を支払うのは国民の義務ですから、脱税しないでしっかり庶務を行って手続きをして納税するようにしてください。

土地所有不動産を売却し税金分を減らす

土地不動産を所有し辺り一面全部何もない野原だった時代に税金を支払ってから何十年と続けています。人の出入りの多い場所にある土地は、駐車場にしたり店を貸したりと土地を活用しています

しかし、更地のまま何年も何十年も放置している土地には、毎年税金を支払うだけで収入分がないのです。不動産を持っていることで良いこともあり、中々売却することに踏み切れない自分の性格もあります。でも、40年以上経過した時に不動産を売却する気持ちに変化が起きたのです。毎年支払う税金は、何万円ではあるけれど積もっていくと百万円以上になっています。年齢的にも、もう働くことはなく今持っている収入ある不動産だけが残れば十分になります。

そして、使用しない土地は必要だと思っている人に売却し、家やマンション建設に使われたらいいのだと考えたのです。自分が持ち続けた土地を手放さないでいたい気持ちは誰にでもありますが、税金を支払うことを考えたら手放したほうが良いと判断するのです。

不動産を売却するときの税金や特例を知って有利に行う

動産を売却するときには気をつけるべきことがあります。それはその物件の所有期間です。住宅などを売却するときには所得税がかかります。その所得税は住宅を所有していた期間に応じて税額が変わってくるのです。ですから住んでいた期間のちょっとの差で大きな税金の支払額の差ができてしまうのです。

その所有期間は5年以上か、5年以下かで変わってきます。所有期間が5年を超える場合には所得税と住民税を合わせても26%ですが居住期間が5年に満たない場合には52%もの税率が適用されるのです。でも、不動産の売却には特例もあります。マイホームというのは利益を得るために売るというよりも、次の住宅を取得するための資金としてであるという考え方があるからです。それが3000万円の特別控除です。この3000万円の控除特例は所有期間に関係なく適用されるので譲渡益が3000万円までは譲渡所得税が発生しないのです。このような知識を持てばより有利に不動産を売却することができるのです。