Menu

不動産売却で失敗しないために

0 Comment

家不動産売却と聞くと多くの人がどのように売却すれば良いか分からない人が圧倒的に多いのではないでしょうか?実際に誰もが安心して不動産を売却したいと思っていますから、どのようにして不動産を売却すれば良いのか悩んでいる人が圧倒的に多いです。

多くの人は不動産を買うことに対して興味があったり、勉強をしたりしますが、不動産投資などで利益を出している人でもないと、どのようにして不動産の売却をすれば良いのか分からない人も多いのが現状です。

まずは今の自分がどのくらいの段階にいるのかをしっかり見極めることがとっても重要になります。不動産売却に関しての知識がどれくらい知っているのか、その段階をしっかり分析することで、どのように勉強していけば良いのか、どの部分は専門家に依頼すれば良いのかをしっかり見極めることができるようになります。

知識がなければ不動産を売却しても絶対に自分が納得できる金額で売却することが難しくなる場合もありますので、そうならないためにもしっかり不動産をどのように売却すれば、どれくらいの売却額になるのかをしっかり知識を得ていく必要があることを認識してください。

不動産売却は決して簡単なものではありません。失敗したらマイナスになってしまう可能性も十分あります。自分が失敗しないためにもどのように売却に関する知識をしっかり得ていかなければいけないかをしっかり理解していくことがとっても重要なことになります。例えば、オンラインで不動産売却を一括で査定できるサイトもあります。最低6社など価格を比較してもらえるところもありますので、そのような所も検討してみてはいかがでしょうか。

不動産の売却のしくみやその方法

自分の所有する不動産を売りたいと思っても、方法がわからないことが最初に思うことです。私の場合もそうで売却したかったのですが、方法かわからないということでした。

それで不動産の仲介業者に連絡を取り色々と尋ねたわけです。売却する場合はその不動産会社に買い取ってもらう場合と仲介してもらう場合があるそうで、買取はその物件を不動産会社が買い取り、それに利益を載せて転売するので安くなるということです。仲介の手数料は価格の3%と6万円と消費税です

価格をどのくらいにするかは不動産会社の査定で決まりますが、路線価格などはほとんど考慮されず、そのあたりのほかの似たような物件の価格を参考にしてこのくらいで売れるという価格にするそうで、それで売れない時は相談して下げていくとのことです。当然ですが買い手が多ければ高くなり少なければ安くなるので、いなければ買い手がつくまで価格を下げながら待つということになるのだということです。

不動産の売却はなるべく余裕をもって行おう

不動産は大きな価値のある資産なので、慎重に取り扱う必要があります。特に、売買においては権利関係が移動するので、確実に行うべきです。

しかし、購入時と異なり、売却についてはまず買い手を探さなくてはいけません。売買を成立させる為には、売り手と買い手の両方が合意する必要があるのです。不動産は大きな買い物になるので、その買い手を探すのは時間がかかります。基本的には、不動産業者に買い手を探してもらうことになります。仲介をしてもらって、独自のネットワークで買い手を探してもらうのです。

ただし、仲介の契約には種類がいくつかあるので、よく考えて選択するべきです。安易に選んでしまうと、買い手が見つからないなどの事態もあり得ます。それでも見つからない場合は、不動産業者に直接買取ってもらいます。事情があって早期に売却したい場合は、この手段を選択するしかありません。しかし、比較的低めの金額になってしまうので注意しましょう。

つまり、できるだけ余裕をもって売却をするべきなのです。時間があるほど、より高く買取ってくれる買い手を探せるようになります。